若い頃はニキビ、今はみかん肌で悩んでいます。

043.jpg

画像提供:

高校1年生の夏休みあたりからみかん肌がぽつぽつ、2年生になる頃には気にしないではいられないほどのみかん肌に悩まされました。
洗顔には特にこだわっていろんな洗顔石鹸などを試しました。

当時はみかん肌に悩む人の間ではクレアラシルが人気でした。

今の商品は肌色ですが発売当時のクレアラシルは白い硬めのクリームで今現在、店頭に並んでいるものより効果が高かったと思います。つぶしてはいけないと思いながらもつぶしていたのでみかん肌跡、いわゆるクレーターみかん肌になってしまいました。時間が経てば、毛穴の広がり=クレーターが目立たなくなると思っていましたが甘かったようです

。ファンデーションを塗ると余計に目立つのが悩みです。

最近のことですがみかん肌跡=クレーターにケロコートという塗り薬で2ヶ月程ですっかりきれいになりましたという記事を読んで購入しましたが使用して、3週間ほどですが効果はまだでていない状態です。

鼻の横辺りにできたクレーターが両頬にあり、結構!目立つので悩んでいます。時間をかけてエステやレーザーに通ったほうがいいのかなと思いながら、ケロコートを塗り続けています。みかん肌が花盛りの頃は洗顔はビオレが効くと評判でした。

若い頃の話ですが私はアクネローションでみかん肌を克服しました。ずいぶんお世話になりましたがクレーターみかん肌は手強いです。子供にも毛穴が広がっているとからかわれるのでどうにかしたいといろんな商品を試しました。飲むタイプの毛穴を小さくするサプリメントはこわくて試せませんでした。やはり時間をかけてエステやレーザー治療を根気よく続けるのが一番!お肌にいい治療法かもしれないと思っている私です。

女性でも男性でもとても気になりますよね。鏡を見るのが憂鬱になります。

息子は中学3年生で同級生もみかん肌で悩んでいる子が多くて、野菜生活のトマトジュースでみかん肌ができなくなったお友達もいたようです。お友達の中にはプロアクティブをお年玉で購入した子がいたとか、みかん肌に対する意識は高いみたい。みかん肌ケアは大切だと思います。ケアをすることによって早めの処置を行い。クレーターみかん肌を防ぎ、ビタミン剤などのサプリメントや塗り薬、そして腸をきれいにすることが大切だと思います。

午後10時から午後2時の間は美肌になるための大切な時間なので睡眠はしっかりとりたい。みかん肌跡のクレーターは毛穴が広がったものなのか皮膚が新しく生まれ変わることができなくなった状態なのかわからないので知りたいと思っています。

あごにニキビができてしまったら

74040.jpg

みなさんはニキビができたことはあるでしょうか?大抵の方はあると思います。あごのニキビはほおっておくと、炎症ができあとがのこります。

なぜ、あごにニキビはできるのでしょう。男性の場合はひげそりなどの物理的な要素から、女性はホルモンバランスの乱れからと言われています。人間関係、睡眠不足、女性ホルモンの乱れなどが表れます。

治すには生活習慣から見直す必要がありますが、これは時間がかかります。早急に直したいのであれば、ニキビの炎症を抑える成分、ビタミンCをとるといいそうです。洗顔後に天然ハーブなとが入った化粧水をつかい、肌を保湿します。赤く炎症しているところにはビタミンCの入った化粧水をつかうといいです。

ニキビはストレスからくるものなので、なるべくストレスをためないようにしましょう。ストレス解消にはゆったりめのお風呂に半身浴などをするのもいいです。ちょっとぬるめのお風呂に、半身浴をして、ゆっくりと浸かることは、アセチルコリンというホルモンの分泌を促進して、ストレス低減に良いと言われています。

食生活も、脂っこいものを取らないように、バランス良く食事をすることをお勧めします。和食をとるのがいいらしいです。昔の人は和食が多かったためニキビの人が少なかったと言われています。

あまりストレスをためないように、趣味を楽しんだり、旅行をしたりして、あごのニキビができないように心がけていきたいですね。私もこれから気をつけたいと思います。

あごニキビは胃腸が悲鳴を上げてるサイン。飲みすぎ食べ過ぎの人は要注意

046.jpg

いくつになってもお肌の悩みは付き物。顔にできるニキビなどは本当に厄介です。

中でもしつこいと言われている大人ニキビは大敵で、一度できてしまうとなくすのがとても大変です。

そんな嫌われ者のニキビですが、実は体の不調を訴えているサインだということをご存知でしょうか。
便秘やストレスなどでニキビができることは有名ですが、食生活の乱れも大いに関わってくるのです。


もしこの食生活が原因でニキビができてしまったら、一生懸命スキンケアをしても効果は期待できません。
特にあごや口元付近のニキビは胃腸の機能が悪くなってきているサインなので、なおのこと効果が薄くなります。

私も胃の調子が悪くなると決まってあごニキビができます。

なら胃薬を飲んでおけばいいじゃないかと安易に考えがちですが、これが結構な落とし穴となります。

薬に頼リ過ぎると体が薬に馴染んでしまった時、もっと強い薬を使うようになります。
返ってこれが胃の負担になる可能性があるのです。

なので少しでも胃の負担になる行動は避けたほうが結果的に早くあごニキビの改善へと繋がります。

食べ物も刺激が強いものは避けたほうがいいです。
お酒が好きな方は少し控えられたほうがいいでしょう。

そうすれば嘘みたいに綺麗にニキビがなくなります。

現に私はいつもこの方法であごニキビとさよならをしています。
早い時には一週間くらいで目立たなくなってきます。

もしスキンケアを続けても治らないと悩んでいる方は、まず食生活を見直してみるのが一番の近道になるかもしれません。
たかが食生活、されど食生活です。